事故対策でドライブレコーダーは必要不可欠



ドライブレコーダーとは、運転中の風景を映像として残しておくことができる撮影機材のこと。2016年にあおり運転による事故が発生したことで全国的に普及し、メディアやSNSなどでも、このドライブレコーダーによって撮影された交通事故や危険な運転の映像が流れることが多くなりました。

同じ年に全日本トラック協会が発表した「平成26年度ドライブレコーダの導入効果に関する調査報告書」によれば、ドライブレコーダーを導入したことにより、安全意識が高まったとする事業所が全体の72.2%をも占めており、事故の件数自体が減ったと回答した事業所は5.5%。

一月あたり平均して0.57件にまで減少したという報告もあります。

では、このドライブレコーダーは事故処理には役に立つのでしょうか?

自動車事故においては、相手がいる場合がほとんどです。この時、過失の割合を決めるためにお互いで事故発生当時の状況を各機関に報告しますが、意見が食い違うことがあります。

そんな時にドライブレコーダーの映像は非常に役に立つと言えるでしょう。交差点での信号の色、速度や、運転の状況などが一目で分かるからです。自動車事故においては目撃者の証言も非常に重要ですが、見ていた人を探すのも容易ではありません。そんな時、ドライブレコーダーはとても役に立つのです。

また、その映像によって事故の過失の割合が変わることも多くあります。現在、保険会社も過失の割合を決める場合にドライブレコーダーの映像を重視していることが、各保険会社のホームページに明記されています。

映像を送る方法自体は企業によって細かな違いこそありますが、映像が納められたSDカードを送付したり、映像のデータを外部のストレージサービスで納めることで映像を確認して貰うことが可能です。

これにより、もし理不尽な過失割合になった場合、当事者同士が納得できる過失割合で事故を処理することが出来るのです。

現在、ドライブレコーダー自体のハイスペック化が進んでおり、録画機能だけでなく様々な安全運転支援機能を持った製品や4K画質をうたった製品も多く登場しています。しかし、そこまでハイスペックなものを選ぶ必要はありません。

広いエリアを撮影するための「画角」とフルHDほどの画質をもった製品であれば、十分に機能を果たすことが出来ます。また、前方だけでなく後方にもカメラを設置できる製品もあります。そういった要素を目安にしてドライブレコーダーを選びましょう。

ドライブレコーダーの設置は今の日本の法律では義務ではありません。しかし、事故処理・対応をスムーズにするためにとても役に立つ機材であることは間違いありません。もし万が一の時のことを考えて、ドライブレコーダーを設置してみてはいかがでしょうか。

車をぶつけられたときは修理しないで買い替えしよう



いざという時のために自動車保険はケチらないようにしよう

何気なく月々の出費を確認していたところ、現在加入している自動車保険の金額に目がいきました。

最近はネット保険などお財布にやさしい保険プランなどもあり、この10年間で車での事故経験もはじめて車を乗り始めた時、1回ぶつけただけであったため、保険内容を見直そうと思いました。職業上トラックを運転していたため、運転には自信がありました。

まさか自分が事故を起こすなんて、と思い保険内容の不要なプランを改善することにしました。すぐにディーラーへ向かい、保険内容を見直したい旨相談すると、付帯するオプション(通勤時の補償など)は自由に決めて構わないが、対人対物保証などはいざという時に補償額を変えない方がいいとの事であり、付帯するオプション内容を見直すことにしました。

まずは事故を起こし自走不可能な状態になったときの補償に対して、「レッカー車20万までの補償」については、私は「入りません」とお伝えしたところ、車で遠方へ行くことが多いなら加入しておくべきだとの返答があり、それほど節約できる値段でもなかったため、そのまま付帯させておくことにしました。

次に着目したのは「1か月間の台車補償」これに関しては事故なんてしないから入らない旨説明し、オプションから抜いてもらう事となりました。

結局細々としたオプションも含め、月々約1000円ほど減額できました。それから2年ほど経ったある日のこと、仕事関係の都合上、自家用車で他府県に行くこととなり、いつも通り運転していたところ最悪の出来事が起こってしまいました。

自宅を出発してから高速道路を利用し約1時間半程、インターチェンジで一般道路へ出た時に前が信号待ちで少し詰まっていました。ブレーキを踏んだ時に少し路面が濡れていたこともあり、まさかのスリップを起こしてしまいました。

急な出来事でハンドルを切ってしまい縁石へ40kmほどの速度で突進、前輪が大破してしまいました。もちろん自走は不可能となり、泣く泣くレッカー車を手配しましたが、その時はじめて車両保険の大事さを思い知らされました。

ディーラーの方が止めてくれたおかげでレッカー代は保険にて対応して頂くことができましたが、たかが何百円を節約するため、オプションから抜いてしまった「台車補償」に関しては受けられることがなく、車両の修理に費やした1か月半程車の無い生活を過ごすことになってしまいました。今回の事故ではじめて車両保険の大切さを身に染みて感じることができました。

体に被害がなければ追突されても慰謝料はそれほどもらえません。

私は昨年の6月に近所の市道で交通事故に遭いました。信号待ちをしている時に相手が減速せずに私の車に突っ込んできて、一方的に追突されたということで私の方の過失は一切ありません。

そのため車の修理費やその間のレンタカー費用、念のために受診した整形外科の医療になどに関しては全て相手側の支払いになったのですがそれによって大きな損失を受けてしまいました。

追突された車は事故から約3か月前に購入したばかりの新車でした。

トランクの部分が少し損傷していたものの修理されて車自体は元の状態に戻ったのですが、車自体には事故歴が残るということから将来別の車に乗り換える際に査定に影響が出るというのは否めないと言われました。

そうなると相手側の保険会社と交渉して慰謝料の交渉をするしかなくなるのですが、偶然にも相手が子どもと学校の同じクラスの子どもの母親であることがわかりました。

現時点では何も関わりを持っておらずどこに住んでいるのかも知らない状態ですが、将来PTA役員などで仕事が一緒になるとその後が気まずくなったりその影響で子どもがいじめに遭ったら困ると思ってしまい、こちらから強く交渉することもできませんでした。

その結果、慰謝料は1万円程度とほんのわずかしかもらえない状態でした。

理由は追突をされても私と同乗していた子どもに身体的な被害がほとんどなかったから、そして私が専業主婦で経済的に影響がそれほど大きくないからだということでした。

体が無事であったことからこれ以上のことを望むのは致し方ないとは思っていますが、将来車を乗り換える時に下取りに大きな影響を与えることが予想されるため結局は事故に遭って経済的に大きな損をしたことになりました。

また交通事故後再度追突されることを恐れてしまい、時間の経過とともに車を運転することが怖くなってしまい現在では買い物や子どもの送迎以外はほとんど出かけることもできない状態になっています。

実はその時には再就職を使用と思っていてパートでの勤務がほぼ決まっていたのですが、事故の影響で行けなくなってしまい内定を取り消されてしまいました。

このように追突事故から経済的に、そして精神的に大きな損害を受けてしまって私の人生は大きく変わってしまいました。

このような損失を避けるのはとても難しいかもしれませんが、ライトは早めに点灯させたりあるいは前の車との車間距離を十分に取って追突されそうになっても避けられるように自己防衛しなければいけないと思いました。